CrazyGoGo

毎日が一生忘れられないような生活を送る!YouTuberもやってます! https://www.youtube.com/channel/UClo1CSAAnKkgfk7ToX2uPaw

キムチとニラでツートン餃子を作ろう! kimuchi leek

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/wAmtqjzbqmE" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

 


キムチとニラのツートン餃子 Two tone dumplings with kimchi & leek

もう自分を責めないで! セルフコンパッション


~序章~

みなさん「セルフコンパッション」という言葉を聞いたことがありますか?
無いですか?
では「マインドフルネス」とか「瞑想」は聞いたことありますか?

これなら最近チラッと目にしたり、ふと耳にしたりした人は多いかもしれませんね。

そうです。
これらは最近注目されつつある、「自分のメンタルを安定させる為のテクニック」なのです。

マインドフルネスや瞑想は、継続する事で
客観的に自分を見つめる事で視野が広くなり、冷静に物事を見るようになります。
そうすると
突然の事に慌ててしまったり
カッとなって怒り散らしてしまったり
どうしようもない事にいつまでもウジウジ悩み続けたり
しなくなると言われています。


これってすごいと思いませんか?

人が苦しむ基本的な原因って、上述の様に”感情に振り回されてしまった”ことにあると思うのです。

けれども、仮に嫌な事があったとしても冷静にいられて、適切な判断が出来るとしたら?
感情に振り回されてしんどくなる機会が減る事になります。

これはなんて革新的なのでしょう。
きっとマインドフルネスを習慣にすることで人生が楽しくなると思います!

という事で僕も毎日ちょこっとずつ瞑想をしております!
楽しい日々になると良いなぁ~


~本題~

さて今回は「Harvard Business Review」の2019年5月号の特集で取り上げられた

”セルフ・コンパッション”

についてお話させて頂きます。

セルフコンパッションとは、
一言で説明すると「自分に対して寛容になる事で、前向きに頑張れるようになる」テクニックです。

私たちは失敗した後、よく「出来なかった自分を責めたり」「自分の周りの何かを責めたり」しますが、
残念ながらそうしたとしても状況は何も良くならないと思います。
それどころか、自信を喪失してしまったり、もう頑張りたくないと思ってあきらめてしまったりして、
後ろ向きになってしまう事さえあります。


それは誰も望まない、悲しい結末です。

そうならないためにも、私たちは失敗した自分自身を励まし、応援し、許し、そして改善し、新たに挑戦する。
そして自分の人生を楽しいものにするのが宜しいと思います。

もしこの記事を読んでくださる皆様も同じ様に思ってくださるのなら、是非これからお話しする「セルフコンパッション」を実践してみてください。


~目標~

この内容の出典:カリフォルニア大学バークレー校 セリーナ・チェン より

セルフコンパッションの傾向が強い人に見られる特徴
・自己成長のモチベーションが高い
・強いオーセンティシティがある(自分にウソ偽りがない性向)

上記2つの特徴を持つ人の傾向
・組織のリーダーになりやすい
・キャリアで成功しやすい


①気持ちの持ち方
・自分の失敗について批評せず、寛容になること
・人は誰でも失敗するのだと理解すること
・失敗した時、残念だったぁ~と落ち込んでも良いが、いつまでもマイナス思考に陥らないこと


~方法~

失敗したり落ち込んだ時に試してみてください。

①「失敗した自分が今目の前にいる姿を想像してください。」

②「目の前にいる貴方に対して、思いやりと理解という視点でこれから語り掛けてもらいます。」

③「どんな言葉をかけますか?考えて、紙に書いてください。」


これをする事によって、自分の良い所を自分で認めることが出来ます。

 

~効果~

これをやった後、実際の行動に変化が起こった。
改善の為に多くの時間を費やすようになり、
より前向きに行動を起こすようになった。

(例:テストの結果が悪くかった学生にセルフコンパッションを試してもらったところ、
 次回のテストではより多くのテスト勉強をするようになり、より高得点を獲得した)


~考察~

セルフコンパッションによって
・「もっと良くなりたい」という意欲が掻き立てられた。
・「改善できるはずだ」と認識するようになった。

・もっと努力しようというモチベーションが生まれた。

 


~終わりに~

という事で皆様にも是非、失敗した時や自信を無くした時には「セルフコンパッション」の3ステップを実践してもらいたいと思います。
因みに今回取り上げた内容はセルフコンパッションのほんのひとつまみですので、
興味が湧いた方は是非、HarvardBusinessReviewの5月号を手に取ってみてくださいね。

それでは長々と失礼しました!
皆さんの人生がより良くなるように願ってます。

じゃあね!

 


もう自分を責めないで!!セルフコンパッション

仕事で成功したいなら、まずは良き友人関係を築けるようになりましょう!?

【まとめ】
・職場に3人以上の友人がいると、仕事に満足できる。
・収入を上げたいなら、社内と社外のネットワークを広げる。
・本気で仕事を成功させたいなら、親友と仕事をする。
・付き合うべき友人は「自制心」が優れた人。
・所属する組織が大きい程、トラブルに巻き込まれ難い。


【このメモの方針】

☆人間関係によって性格を変えられる。
 ↓
 たくさんの人と出会い、勇気をもって取捨選択をする事が必要。
 ↓
 たくさんの人と出会う為に、
   ・自信を身に着けよう
   ・出会い方を知ろう
   ・声をかける勇気を身に着けよう
 ↓
 取捨選択する勇気を身に着けよう。


☆付き合う相手を変えると、幸福度が上がる。
 ↓
 幸福度が上がると仕事へのモチベーションも上がる。
 ↓
 給料が上がりやすくなる。

自分の性格を決定する要素:
 50%・・・遺伝子
 50%・・・友人関係


※幸福度は主観で決まる。
  お金を一定額稼げたら幸せになれるかどうかは、その人次第。

 

【本編】

~~成功する人の人間関係ってどんな感じなの!?~~

☆友人が個人の幸福度にどれだけ影響を与える???
 500万人を対象に調査。by ギャロップ社(英国) 2004年

Q.職場に何人の友達がいたら幸福度が上がると思う???
A.最低3人以上の友達がいる事が大事。
 ↓
 それだけで人生への満足度が96%も上昇する。(約2倍になる)
 ※取引先の相手でもOKですお。
 ↓
 同時に、自分への給料の満足度も200%も上昇する(3倍になる)
 ※友達が3人いるだけで、同じ金額を貰ってても、職場が3倍楽しい。仕事が3倍楽しい。
 ※転職する場合、職場の雰囲気が悪い職場は、給料が5万円ほど上がるとしても選ばない方が良い。
  人間関係が良い職場を選んだ方が、能力も身につきやすい。
 ※職場に超仲が良い友人がいる場合は、仕事の満足度も700%も上昇する。仕事の処理速度も上がる。
  ↓
  つまり、最高の友人と仕事が出来ることが、自分の能力を最大限に発揮する秘訣である。
  仕事上のトラブルも減るし、新規性のあるイノベーティブなアイデアも出やすくなる。

※参考:AirBnBは3人で始まった。GoogleAppleは2人で始まった。
    最高の友人がたった一人でもいれば、無茶苦茶強い力が生まれる。

☆もし、職場に良い友人がいない、出来なさそうなら、転職すべき。
 ↓
 なぜなら、良い人間関係が無い職場では成功し難いから。

 


~~物理的な成果につながる方法は??~~

※社内に良き友人がいる事が前提。

☆普段どういうコミュニケーションを図っているのかを調べた経度研究(どう変化したのかの研究)
 2009年 エアランゲン=ニュルンベルク大学(独) 対象:オフィスワーカー 455人
 ↓
 ネットワーキングと収入には相関関係があった!
 ↓
 もっとも給料が上がりやすかった人は、社外のネットワークを作り、維持する人。
 次に、社内のネットワークを作り、維持する人。
 一番低いのは、社内の同じ人とのネットワークを維持する人。
 ↓
 部署内で仲良くするくらいなら、社外の人と関係構築するか、社内で新しい人と関係を構築するのが良い。
 ↓
 社外ネットワークの構築とは、SNSを交換して、たまにメッセージを送る程度でOK。
 ↓
 人と人を繋げる人には権力が生まれるし、リーダーシップが生まれる。
 ↓
 ・社外のネットワークの活かし処:新しいアイデア、新しいチャンスを得たい場合。
 ・社内のネットワークの活かし処:集中して今の仕事をしたい場合。

 

~~集中力、意思、自制心も友人関係で決まるぞ!!~~

☆付き合う人を間違えると、5月病になりやすくなる。
 2013年 デューク大学 3つの実験:自制心が低い人の3つの特徴。
 自制心が低い人の特徴:
 ①自分よりも自制心が高い仲間を好む。
  ↓
  実際に誘惑に打ち勝つ力が強くなる。
  ↓
  「集中力が高い人」「自制心が強い人」「自分に厳しい人」と付き合う事で、
  自分も意思決定が出来るようになる。嫌な事にNOと言える。目標に向かって頑張れる。
  ↓
  ・自制心が高い男性:高収入になりやすい。太りにくい。
  ・自制心が高い女性:上げマン。太りにくい。
  ↓
  チーム全体の成功にも大きく貢献する。
  仲間の自制心も上がるし、それに伴って自分の自制心もまた上がっていく。

 

~~トラブルに巻き込まれないための友人関係!?~~

☆逮捕されるコカインのディーラーと、逮捕されないコカインのディーラーの差は何だ!?
 2011年 サイモンフレーザー大学 11人の逮捕されたコカインのディーラーを対象に調査
 ↓
 ・所属していた組織が大きければ大きい程、逮捕され難かった。
 ↓
 色んな仲間が有益な情報を展開してくれるし、サポートもしてくれるからだろう。

 


※参考:コックス比例ハザード曲線

 

f:id:gonakazawa0824:20170919174804p:plain

 

以上

 

日本におけるデジタルプラットフォームと競争法


#【第1部 プラットホームと競争法】

### モデレーター:トーマス・チャン(香港大学准教授)
### パネリスト: 泉水文雄(神戸大学教授)リャン・ホウ(上海交通大学教授) アンネ・ソフィー(パリ・何テール大学教授)
### コメンテーター:アントニオ・カポビアンコ(OECD競争課 Senior Competition Expert)


## 概要
(1)日本の独占禁止法は、「私的独占」「不当な取引制限」「不公正な取引方法」「企業結合」を規制している。
  今回のスピーチでは、私的独占と不公正な取引を中心に取り上げられた。

(2)公取委等は、デジタルプラットフォームと競争法の問題についての報告書を積極的に公表している。
 CPRC報告書(2017)、経産省公取委総務省有識者会議中間報告案(2018)等がある。


(3)公取委の調査事件には、企業結合、排他条件付取引、MFN条項等がある。
 amazonに対する事例(MFN条項)、Appleに対する調査(スマホに係る契約)がある。

(4)当事者から出された問題解消措置等により調査が終了する事例が多く、
 本格的な分析がなされた事例は乏しく、課題が多い。


## 不公正な取引方法による規制の現状と課題
公取委は、DeNA事件を除き審査を終了し、排除措置命令を出さなかった。
公取委は、デジタルプラットフォームに対して課徴金を課したこともない。
・確約手続きが施行前の状況にあり、確約手続きが施工されれば(2018ねん12月施行)、
確約手続きにとった事案と考えられ、排除措置命令を出さなかったと考えられる。  

・これらは、二面市場、反競争効果、効率性などを正面から検討していない。

・私的独占等では、エンフォースメントに課徴金が用意されており、今後私的独占の事件が出てくることが期待される。
 その後、排除措置命令、課徴金納付命令が出されれば、市場画定、反競争効果、効率性などをどのように分析するかが
 争点になる事になる。


## パネルディスカッション

# 【相対的な市場支配力を乱用するプラットホームサービスは規制すべき?】

トーマスチェン:経済的な商材を乱用しないためには、経済競走を使うべき?
アンヌ:経済的な従属性、乱用があるかどうかが問題になる。

トーマスチェン:効果ベースで合意形成すべきという意見があるが、排他的取引を禁止するとこの利点とは?    
リャン:相対的な市場支配力の乱用について、これが許されるかという議論があった。
    最終的に下された決定は、相対的な市場支配力の禁止を先延ばしにした。
    フランス・ドイツ・韓国・日本では禁止している。しかしまだ限定的にしか禁止していないそうだ。
    中国に関しては規制面ではまだ新しい国であるため、このような議論の多い分野においてはまだ検討すべきと思っている。
    相対的な支配力の影響をもう少し観測てみる。

    オンラインショッピングサイトが行うセールスキャンペーンは、フリーライド問題が挙げられる。
    中国のパオパオは11/11に「独身の日キャンペーン」を行う事で、大量消費を促している。
    しかし他のオンラインサイトが11/11に同じようなキャンペーンを行う事で、流れに便乗することが出来てしまう。
    ただし、基本的に大手サイトでしか購買されない事が多い為、結局勝てるのはパオパオの様な大手サイトに限る。
    これは相対的な市場支配力を乱用しているという事になる。

# 【競合の存在はイノベーションの発生において重要な存在である。】

リャン:インターネット業界は、勝者が全てをかっさらってしまうという特徴がある。
    これは「マルチホーミング」をする事で解決できる。
    プラットフォーマー間の競争については、現状ではまだ独自の役割があると思っている。
    インターネット業界は独禁法の面で言うと、競合の存在はイノベーションの発生において重要な存在である。

    イノベーションGoogleのような大手が生み出しているような印象が確かにあるが、
    インターネット業界においては、小さなサービスの存在が思わぬシナジーを生むケースが多い。
    したがって、インターネット業界には多様性が価値を生む。
    その面において、小さなサービスを保護する事はイノベーションの為に必要事項になる。


アントニオ:勝者が全てをかっさらう問題について、その通りだと思う。
    ただし一方で、インターネット市場は新陳代謝が早い。
    したがって新しいGoogleFacebookが出てくる可能性があるから、次のサービスが阻害されることを規制しなければならない。

トーマス:ネットワーク効果という事とは別に、プラットホームについてはどうか?
    プラットホームは、「ゲートキーパー」の役割を持っている。
    たとえばこれはスーパーマーケットと同じで、お使っている品目が多い程に有利になるだろう。
    Googleが独り勝ちしている理由は必ずしもネットワーク効果のみに起因していない。
    プラットホームに関して、他に何か特別な物を必要としているのでしょうか?

アンヌ:それに関しては分からない。
    勝者が全てを取っている事について許容できる部分もあると思う。
    ただし、レバレッジ効果については注意しなければならないと思う。
    経済の中でもリッチなプラットホームが出てくるという事は、危険な側面を孕んでいる。
    GoogleAmazonは新たな業界に参入している為、ほかの業界を浸食する危険性がある。

泉水:農作物を販売するプラットホームが二面市場になってしまう。
    仲介型ネットワークのプラットホームだとレバレッジ効果が働く。
    また、データが大量に集まるため、これの利用は「非・仲介型プラットホーム」が集めやすい。
    この場合はうまく利用する事によってある意味優れたサービスを展開でき、レバレッジが働く。

リャン:プラットホームの特別な点については、他の特徴もあると思う。
    ①非常に事業のサイズが大きい。競争の規模も大きい。
    ②歴史的に見てプラットホームには、TeleCommの様な大きなものが出てきて、それはボトルネックをコントロールしてきた。
     ただし公共の予算から始まったTeleCommは、国からの規制がかけられている。
     対照的に、ネットワークのプラットホームは民間から始まったため、殆ど規制が無い。
     つまり、民間から始まったプラットホームに規制を書けることが出来ない。

    したがってプラットホームには特別な規制が必要である。


# 【支配力を獲得する為には市場シェアはどれほど必要になるのか?】

トーマス:プラットフォームの市場支配力を考えた時に、財務規模、データ規模が支配力に繋がるだろうが、
     支配力を獲得する為には市場シェアはどれほど必要になるのか?
     因みに無料提供型のプラットフォームもあるが、構造上価格が無い事は問題になるのか?

アントニオ:ここでの問題は、客観的に比較できる院試が無い事だ。たとえばいつルールを適用すればよいのかが分からない。
     測定するのが難しいのが課題である。

アンヌ:市場確定の面で必要になると思う。TwitterとFBとLinkedInが同じ市場ではないという部分がキーになる。
     市場をどう確定するか?

泉水:サービスの質を測定するというアイデアはよく聞く。サービスの質が向上していると、それは支配力があるとみなせるのではないかと。
     ただしをれを評価する事も難しいので、結論、難しいとおもう。
     多分、Googleが検索サービスや広告を武器にしているのだから、ケースバイケースで細かく見ていかなくてはならないのだと思う。

リャン:インターネット業界の市場支配力の評価というのは、イノベーションの回数で評価できる。
     

 


#【第2部 個人情報保護と競争政策】


## EU個人情報保護法について
今年の5月に大幅な変革が行われた。
EUデータ保護指令からGDPRになった。

### 目的:基本的人権の保護
法益が崇高なものなので、罰則も厳しい。

### GDPRは日本国内の日本企業に対しても適用される。
・大阪のサーバーが欧州に住んでいる顧客からデータを提供してもらう場合は、GDPRが適用される。

### 欧州のGDPRのポイント
・域外適用
・外部委託先への適用
・データ保護、影響評価
・第3紺へのデータ移転制限
・個人の権利程強化
・データ保護、責任者の設置
・データ侵害時の通知義務
・高額な制裁金

### まとめ
GDPRは守ろうと思っても守れないくらい厳しい法律。
企業では法務部だけではなく、企業全体で遵守に取り組んで欲しい。

日本の働き方は世界的に特殊である。

今回は働き方改革のイベントに参加しました。

以下のパネリストの対談を聞いたので、是非ご覧ください。

QAスタイルで書かせてもらいました。

 

パネリスト  慶應義塾 政策・メディア特任教授
       高橋俊介  人と組織の関係を研究して30年。

パネリスト  ムーディ・キム

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【外国人の視点から見た、日本企業の働き方改革の上手い点・下手な点】


Q.日本人の働き方についてどう感じるか?
A.JDやアリババの中国企業の働き方と、日本の自動車会社の働き方の比較をすると、
 中国企業の会議中は、成果が上がらない人を叱責する場。
 日本企業の会議中は、会議中に居眠りしている人を叱責する場。

 日本企業は人材の新陳代謝が出来ないから、そのシワ寄せよして働き方改革が取り上げられている。
 日本企業は、本人の意向を聞かずにポジション配置する。
 →ミスマッチ。

A.無限定正社員(何時までも働け、どこにでも単身赴任しろ)という、社員の人生を支配しているのは日本くらい。
 法律的に言うと社員をクビにできる事は出来るが、↑の様に社員の人生を支配しているんだから、その代償として法律的に栗を命ずるのが不利なだけ。
 根本的に無限定社員のスタンスを変える政策が必要。
 →だが、若い世代は確実に変化している。のでオジサン世代は若い世代に合わせて対応しなければならない。

Q.働き方改革で売り上げが上がった例は?
A.無理矢理残業を減らしたら一年後、売り上げが2割下がった。しかし利益は減らなかった。
 お客さんにパッケージソフトを提案したら、現場から細かい対応を求められる。
 →どんどん時間が掛かって費用対効果が悪化する。
 →お客の提案に対してかかるコストと時間をお客に説明して、対応を断る。
 →残業代のカットに繋がる。

A.ドイツ・フランス・日本で労働生産性を比較する場合、生産性と失業率と成長率を足して考えると日本は別に明るくない。
 日本の大企業は、労働賃金の引上げや休日の増加を謳って人材確保を試みているが、上手く行かない。
 対してスタートアップ企業は、非常に優秀な人材を非常に低い給料でヘッドハンティング成功している。
 →「この会社で働くと、世の中にとってこんな意味があるよ。」という点に優秀な人材は誘われている。

Q.日本の労働生産性について
A.製造業の生産性は悪くない。しかしサービス業(小売りや旅行関係)が悪すぎる。
 宿泊業は年間220日が赤字である。なのに一時期だけめちゃくちゃ混む。さらに国民の休日が異常に多い。
 →休みを分散しないと、労働者の稼働率が悪いまま。

Q.生産性を上げるコツは?
A.専門的な知見を有し、持論を論理的に展開できるような専門家にモノづくりやサービス提案をさせる。
 →例えば小売りの話で言うと、例えばワインのバイヤーの責任者は世界で8000人しかいない「ディプロマ」という資格を所持している。
 →日本の実態は、ジェネラリストが殆どなので、例えばワインを作ったりワインのサービスを展開するとしても、所詮価格で勝負する等の単純な差別可視化図れない。
  証券会社が社員を3年で転勤させるのは、3年で顧客からの信頼を失うからだと言うが、長期間同じ顧客に向き合い、テーラーメイドの提案を出来る方が価値になる。
  ローテーションさせてしまうから専門性が身につかず、結局どこに行っても3年で信頼が終わるような単調な提案しか出来ない証券マンしか育たない。

A.過去10年間で一番生産性が上がった業界は”建設業界”である。理由は、労働人口が減ったからw。
 因みにヨーロッパで生産性が過去最大に上がったのは14,15世紀。ペスト菌により人が大量に死んだ時代。
 →日本はこの特殊な状況と同じ状況に入った。つまり生産性を高めるだけを目標にするのは間違いである。
  アイルランドルクセンブルクがなぜ生産性トップなのかというと、単に発電システムとかが完成していて人が働く必要が無いから。
  これは小国だからできる事であって、大国の日本がマネするのは間違っている。
 →日本は自動化が異常に遅れている。小売りと金融に人が多すぎる。日本はオートマチックに対する拒否感が多すぎる。
  明治維新の時の武士の反発に似ている。
  何故金融世界で電子化が進まない?
  →①日本の紙幣のクオリティが高いのでこれまで現金のトラブルが少なかったから。
   ②製造業文化によってサービスにお金を払いたくない文化があるから。
 →日本の顧客はポジティブフィードバックをしないくせにクレームは多いから、サービス業のコンプライアンスを疲弊させている。

Q.働き方を改革するには経営/チーム/個人はどうすればよい?
A.結局家族との共同体意識、貢献している実感、帰属している安心感→「共同体の一部で自分が尊敬されている」と感じる事が働く目的になる。
 目標の置き場所を「感謝されて満足」にする様に職場を作る経営者が優秀である。
 →人は「ありがとう」と言われると満足する。お金要素よりも満足度が高い。金にもならない”感謝カード”を描く会社が強い。
  →ディズニーで働く社員は”感謝カード”を交換する文化があるから、安月給なのに社員がやる気満々になる。
  →褒めちぎる教習所がある。脱輪などのミスも褒めちぎったら、その教習所が満員御礼になり、卒業生の事故率も著しく低かった。教育効果のたまもの。
   →ただし褒める文化を作るにはまず社内で実践する必要がある。

Q.最初の一歩は何をすればよいか?
A.様々な制約を持った人々が働けるための改革、健康経営の為の改革、ビジネスモデルの変化に対応した改革、・・・。
 何のために働き方改革をするのかを明確化する事を始めの一歩にする。

 

 

グループウェアによる業務効率化の成功例】


大垣書店の人:
 店舗毎にデータを整理して月末に集計するという作業を、グループウェアによって一か所のデータサーバーに各店舗が逐次データを入力する事によって、
 月あたりの経理時間が20時間削減できた。

オンデイズ(眼鏡屋)の人:
 グループウェアによって幹部と平社員の業務内容がシームレスに共有できるので、各々の仕事内容を把握できる。
 情報共有の効率が上がった。


Q.グループウェア導入のきっかけは?
A.書籍の小売店は縮小傾向にあり、Amazonにポジションが代替されている為、新しい施策を打ち出そうとしたのがきっかけ。

A.経営破綻した事があったから、企業イメージの変革をしたかったのがきっかけ。

Q.その後もグループウェアを利用し続けている理由は?
A.働き方改革プロジェクトが立ち上げられており、そこが推進していた。
 会社全体でいうと古い気質が残っているので、下の意見を待っていても誰も何も言わない。
 →「スタートの部分はプロジェクトチームが推進する」というアクションは間違っていなかった。
 →働き方改革で「ネクタイ外せ」と行った時の反応で、中年は嫌がったし若年さえも難色を示していた。
 →トップダウンの文化なら、半強制的にグループウェアを導入してスタートしまえば、社員もみんな利用していく。
 →不要な物を導入するわけではないのだから、利用するにしたがって効率は上がる。
  トップからの意見を各店舗の店長がヒアリングして、店員に納得できるように伝えるのが大切である。

A.外国人労働者や若年齢社員を受け入れているので、新しい働き方の方がなじみやすいから。
 社員の方から「なんで定時出勤定時退社の必要があるのか?」という疑問が湧いて来た事もあり、時間ではなく成果で評価する仕組みに移行したかったから。
 →働き方改革で「ネクタイ外せ」と行った時の反応で、中年は嫌がったが若年は喜んでいた。

あなたの作ったAIサービス、市場競争に巻き込まれませんか?

【概要】

AIやIoTの商用利用を考えると、どこの企業からの提案も割と似通ったものが多い様に思う。例えばビックデータ処理による画像認識とか、センシングとか、業務プロセスの自動化とか。これらの提案を商品化しようと各社努力しているが、しかし似たような提案が各社から出てしまうのなら、それらの提案がすぐにコモディティー化してしまう事も想像しやすい。そうなればせっかくリソースを投入して開発しても、すぐに市場競争にもまれる危険性がある。

 ではAIやIoTを商用利用する時、市場競争に巻き込まれない為に独自性を保った商材を企画するにはどうすれば良いのか。

それを今回のシンポジウムで登壇されたコメンテーターから伺った。登壇者は、AI研究者やAIサービスを展開している企業だ。

シンポジウムの講演内容は、現状のAIが実現できる範囲や、これからの需要が向かう方向にAIをアジャストさせる為のアイデアや、AIサービスの実例、等で構成されていた。この報告書には、独自性のあるAI活用を行う為に必要な事項についてまとめる。

 

     人工知能で独自性のあるサービスを展開する為には、企業で脳科学の研究をしましょう~

P&Gやユニリーバ等、グローバルカンパニーでは、脳科学の研究が多い。日系企業にいる脳科学者の比率は10:1くらい。

米国のビジネススクールでは、脳科学コースが多い。

 

これだけグローバスカンパニーに脳科学者が多い理由は2つある。

1つは人工知能が人間の脳神経をモデルとして作られたシステムであるからだ。脳神経について未だ判明していない事が多いため、脳科学の研究を行い脳のシステムについて新たな解明をした企業は、他社の人工知能が持っていない独自性のある人工知能を産みだす事が出来る。

もう1つは、人の心理や衣食住の根幹に脳があるからだ。脳科学を研究する事で人の衣食住について解明し、その分野においてのソリューションを提案できる。

例えばその事例として、3つ紹介する。

 

①   脳に電気信号を送る事によって学習能力を向上できるという商品がある。

2013年に発売された軍人用の脳刺激装置をだが、これを使うと解けなかったクイズが解けるようになった。

この商品は、刺激の与え方によっては「マインドフルネス」をサポートするとか、将来のニーズに繋がるビジネスにつなげる事もできる。

②   脳に電極を繋いだ状態でCMを見てもらう。CMの中で発せられた単語毎に脳波の反応に差が生じる事が分った。これを観測し、MCで発せられた単語のうち脳波の反応が良かった単語は視聴者にとって関心の大きなものとして抽出する事が出来る。→これより視聴者に刺さるCM作りやマーケティング戦略を練ることが出来る。

③   英語教育で、LとRの発音の違いが認識できるようになるゲームがある。日本人の中にはLとRの発音の聞き分けが苦手な人が多い。そんな時はこの視覚を利用したゲームを使って、LとRを区別できない状態から、LとRを区別できるようになる。

 

つまり脳科学人工知能を組み合わせる事により、今まで存在しなかった新しい価値を持つ商品を作る事が出来る。

画像認識やRPA自動化は、「既存の効率が悪い物」の効率を高めるという特徴があるから、言い換えるならばマイナスだったものをゼロに近づけていく様な事例である。一方、上記で紹介した事例は0からプラスを生み出す事例である。コモディティー化を避ける為には「既存の効率が悪い物」に対して人工知能でアプローチをする事を避けなければならない。脳のシステムを解明して新たな人工知能のシステムを構築するか、脳科学によって解明した人間の心理や衣食住に対して人工知能でアプローチする必要がある。

平たく言うと、

人工知能の様な新技術×レガシーな文化→ソリューション提案」

よりも

人工知能の様な新技術×新たに解明された脳の性質に基づく→ソリューション提案」

の方が人工知能を商用利用する上で好ましいという事だ。

 

 

             イノベーションとデザイン思考~

イノベーションとは、人が共通的に生じる不快情動に繋がる環境の変化から解放し、快情動を感じること。

・デザイン思考とは「共感→問題定義→創造→プロトタイプ→テスト」の流れを意識するということ。

  この提案を何のため行うか?を明確にする。どんな不満点が存在していて、どのように変えたいのか?を決める。

 

        ~大量生産消費社会が終わり、デジタルオーダーメイドが始まる~

・デジタルオーダーメイドとは、ターゲットをマスからニッチに切替えた提案のこと。これまでは老若男女に需要がある様な、市場全体にとって最適な商品を企画している企業が多かったが、これからは特定の消費者のみに刺さる様な、個別最適な商品を企画する事が好ましい。

 

  【例】・CASIOの会計士向け電卓(4万円)
ボタンの端っこに触れただけでもしっかり数字が入力される。

       これは会計士が正確かつ迅速に数値計算をするために大変大きな価値になる。

オワコンだと思われた電卓が4万円でも売れる。

     ・ZOZOのZOZOSUIT

     ・ディズニーの名前入り絵本(自分の子供の名前が登場人物の名前になっている)

 

感想:

・AI技術者がいる企業は、自社での試験導入、他社への売り込みを行っていて、AI活用上の画題を発見している。

その上でAI活用上の課題を解決するためのソリューションも開発し始めている。

・義足を開発しているベンチャー企業は、社員8人の内、4人がアスリート(義足の被験者)だった。

 

 人工知能やロボティクス等の新技術を商材として活用する企業は、まず新技術をもって消費者に働きかけを行うと、消費者がどんなリアクションを起こすのかを知る必要があるのだ。そのために消費者が常に開発者の常にそばにいる環境を作っている。これは大胆だが非常に合理的な方法だと思った。

 

また、AI活用において重要なのは新たな価値創造である、という内容についてもその通りだと思った。RPAや画像認識は確かに便利で必要だが、近い将来すぐにコモディティー化してしまい、その商材でビジネスをするのは大変になるだろう。

 新たな価値創造の為に脳科学の研究が有効だという話を聞いたが、個人的な意見では最新の論文を積極的に読むだけでも新たな価値に繋がる商材のアイデアが生み出せそうだと思った。

 脳科学者を至急会社に誘致し研究を進めてもらう事は現実的ではないので、その代わりに、弊社で新規商材のブレストや検討会をする際は、一定数の論文から新規商材に繋がるアイデアを出す、というのをやってみると良いかも知れない。

AI、IoT、ビックデータの展望

2018/11/082018/11/08スタート 10:00フィニシュ17:10


趣旨:近年、AI、IoT、ビックデータなどを相互に融合させ利活用してビジネス改革を実現することへの関心が高まっている。また、人との協調、人の能力の拡張を支える技術への展開が注目されている。そこで今回は、現在起こりつつあるデジタル社会への変革を展望し、次世代技術や新ビジネスの具体事例及び、これらによるビジネスの創出についての議論を深める。

 


脳科学人工知能が作るスマートカンパニーとビジネス NTTデータ経営研究所 荻原一平


       ~脳について~
P&G、ユニリーバ等、グローバルカンパニーでは、脳科学の研究が多い。体感的には、グローバルカンパニーと日系企業にいる脳科学者の比率は10:1くらい。米国のビジネススクールでは、脳科学コースが多い。

 

・脳細胞(ニューロン)の数は、身体全体の細胞数の0.02%しかない。【大脳】140億個【小脳】1000億個【身体細胞数】60兆個
・脳の重さは最重の2%しかない。
・心臓から送り出される血液の内、脳に送られるのは20%もある。
・脳の消費エネルギーは20W しかない。(アイドリング状態)思考時は+1W。【αGO】250,000W【スパコン】13MW
・脳は情報を客観的には見れない。必ずバイアスをかけている。バイアスは、これまで学習してきた内容や経験である。
プロスペクト理論1万円を拾った時のラッキーより、1万円を落とした時のアンラッキーの方が大きい。  →モチベーションとパフォーマンスに影響。  →基本的に、人は褒めて伸ばした方が効率が良い。

 

       ~人工知能脳科学の融合~

IoTで環境情報、IoHで生理情報を得る。
2013年に発売された軍人用の脳刺激装置を使うと、解けなかったクイズが解けるようになった。   →刺激の与え方によっては「マインドフルネス」をサポートするとか、ビジネスにつながる。
脳に電極を繋いだ状態でCMを見てもらう。CMの中で発せられた単語毎に脳波の反応を観測し、脳波の反応が良かった箇所を抽出する。   →より視聴者に刺さるCM作りが出来る。
英語教育で、LとRの発音の違いが認識できるようになるゲームがある。脳の中でRとLを区別できない状態から、視覚ゲームをしながらRとLを聞かせる事で区別できるようになる。

 

       ~イノベーションとデザイン思考~

イノベーションとは  人が共通的に生じる不快情動に繋がる環境の変化から解放し、快情動を感じること。
・デザイン思考とは  共感→問題定義→創造→プロトタイプ→テスト  何のため行うのか?を明確にする。  どんな不満点が存在していて、どのように変えたいのか?を決める。
  【例】CASIOの会計士向け電卓(4万円)

     ボタンの端っこに触れただけでもしっかり数字が入力される。

     これは会計士が正確かつ迅速に数値計算をするために大変大きな価値になる。

     →こういう、〇〇にとっての価値は何処にあるのか?を明確に調べる事が必要である。

 

      ~大量生産消費社会が終わり、デジタルオーダーメイドが始まる~


・デジタルオーダーメイド

  【例】ZOZOのZOZOSUIT

     コカ・コーラの名前入りコーラ

     ディズニーの名前入り絵本


・良い道具は、身体化がしやすい。

   【例】箸:

      箸で豆をつまむと、豆の柔らかさが分かる。

      良い車:

      体の一部であるかのようにスムーズな操縦が出来る。

 

      ~AIとIoTを活用するためには~

・質の追求

・創造性の追求

・人材活用の追求
 業務効率化みたいな、マイナスを0にするようなAI活用は誰でもできるから結局コモディティ化する。

 必要なのは、0からプラスを生むようにAIを活用する事である。

 

 

 

 

②AI/ロボットとの共生社会の未来:認知発達ロボティクスの挑戦大阪大学大学院 工学研究科 浅田 稔
賢いロボットを作るためには赤ちゃんの発達に大きなヒントがある。ダヴィンチのアンドロイドを作った。ミラノのダヴィンチ博物館で展示した。

  科学・工学・芸術のパイオニアダヴィンチは今の時代の流れに合っている。
ロボカップの第一人者

  【ロボカップが産んだ・育てたベンチャー

  Amazonが買収した動く棚の会社

 

       ~深層学習について~

・多層のニューラルネットワーク

  ビックデータと処理能力(GPU)の発達によって、ようやく使えるものになってきた。

  画像の認識制度において、2015年2月に人間の精度を超えた。

   人間の認識制度が95%、AIの認識精度が99%だとしても、AIが認識ミスをした画像について人間は共感できない事ばかり。(バスをダチョウだと認識したり)

・現状の深層学習  運動経験が近くを意味づける。

  自分が生成した運動が視覚情報の解釈に影響を与える。(足を前に出すと、歩ける)

  未来技術に対いて悲観的(そんな急速に進歩しない)

   →量の変化を質の変化に出来るか?
  サリー・アン問題

  相手の立場に立って考える「心の論理」をロボットが持てるのか?(事もは1~2歳で持つことが出来る)
  身体性  Merleau-Ponty    身体の役割→客観的な物理世界と主観出来な経験を結ぶメディアである。

        心は体と物体の間にあるのだ(アフォーダンス理論)

 

  5か月・・・自分の手をじっと見る(手の純・逆モデルの学習)

  6か月・・・抱いた人の顔をいじる(顔の視触覚情報の学習)

  7か月・・・物を落として落ちた場所を覗く(因果情報の学習)

  12か月・・・ごっこ遊びをする(内的シュミレーションの起源)

  ロボットには上記のような急速な発達は出来ない。ので、赤ちゃんの行動を観察をしながらヒントを探っている。

  身体への気づき、意識はいつ生まれるのか。
  赤ちゃんは視覚が未発達な中で成長するから、客観的に論理を持つことが出来る。

 

③「Extreme Human Centered Engineering」Xiborg CEO, SONY CSL  遠藤 謙

 義足ロボットの研究の楽しさと、実際に身に着ける人とのギャップが大きかった。 義足になったからこそ、今まで登れなかった山を登れるようになった。(Hugh Herrさん)
 人間の身体には50個のアクチュエーター(筋肉)がある。これを複合的に動かしている。
 膝の部位を作る為に軽くてパワフルで安いトルクセンサーを採用した。 優秀な義足は大きすぎて、1000万円もする。これが課題。

・Xiborgの体制

 コーチ1人 アスリート4人 エンジニア2人 交渉1人 社員の半数がアスリート。 

アスリートの行動を分析して、走りやすい形状を分析している。(ここが会社の中心点)
・Extreme Human Centered Design 真野さん

 

 

 

富士通 「AIの実用例」

 川崎地質株式会社
 地中レーダーによって、地中の空洞を検知する。 膨大なレーダー画像を学習データとして利用した。 人ではなくAI(機会)が判断する事によって、客観性の担保が出来る。 
・説明可能なAI グラフデータの表示。(通信ログ・企業間の取引データ・分子構造・交通経路など) ナレッジグラフ。(情報のつながりや体形知識)
・社内実践 働き方改革 社員同士のコミュニケーショングラフを表示する。 例えば営業実績が優秀な社員が、どのようなコミュニケーションを取っているのかを表示する。

 

 


感想:AI技術者がいる企業は、自社での試験導入、他社への売り込みを行っていて、AI活用上の画題を発見している。 

その上でAI活用上の課題を解決するためのソリューションも開発し始めている。 

AI技術、ビッグデータ、巨大GPUが必要


Xiborgでは、社員8人の内、4人がアスリート(義足の被験者)だった。 

これの意味するところは、圧倒的にHuman Sentre Design を追求しているビジネスであるという事だ。 

常に使ってもらう対象に寄り添いながら開発が出来るように、アスリートを社員として招いている大胆なアプローチに確かな合理性を感じた。


今回登壇した方が共通して言っていたことは、AI活用において重要なのは、新たな価値創造という事だ。

コスト削減の為にAIを使うとかはナンセンス。

そんなAIエンジンは一瞬でコモディティー化する。だから、AIによって質を高める事、人の可能性を拡張する事、新たな価値を創造する事を目標としてAIは活用しなければならない。