CrazyGoGo

毎日が一生忘れられないような生活を送る!YouTuberもやってます! https://www.youtube.com/channel/UClo1CSAAnKkgfk7ToX2uPaw

あなたの作ったAIサービス、市場競争に巻き込まれませんか?

【概要】

AIやIoTの商用利用を考えると、どこの企業からの提案も割と似通ったものが多い様に思う。例えばビックデータ処理による画像認識とか、センシングとか、業務プロセスの自動化とか。これらの提案を商品化しようと各社努力しているが、しかし似たような提案が各社から出てしまうのなら、それらの提案がすぐにコモディティー化してしまう事も想像しやすい。そうなればせっかくリソースを投入して開発しても、すぐに市場競争にもまれる危険性がある。

 ではAIやIoTを商用利用する時、市場競争に巻き込まれない為に独自性を保った商材を企画するにはどうすれば良いのか。

それを今回のシンポジウムで登壇されたコメンテーターから伺った。登壇者は、AI研究者やAIサービスを展開している企業だ。

シンポジウムの講演内容は、現状のAIが実現できる範囲や、これからの需要が向かう方向にAIをアジャストさせる為のアイデアや、AIサービスの実例、等で構成されていた。この報告書には、独自性のあるAI活用を行う為に必要な事項についてまとめる。

 

     人工知能で独自性のあるサービスを展開する為には、企業で脳科学の研究をしましょう~

P&Gやユニリーバ等、グローバルカンパニーでは、脳科学の研究が多い。日系企業にいる脳科学者の比率は10:1くらい。

米国のビジネススクールでは、脳科学コースが多い。

 

これだけグローバスカンパニーに脳科学者が多い理由は2つある。

1つは人工知能が人間の脳神経をモデルとして作られたシステムであるからだ。脳神経について未だ判明していない事が多いため、脳科学の研究を行い脳のシステムについて新たな解明をした企業は、他社の人工知能が持っていない独自性のある人工知能を産みだす事が出来る。

もう1つは、人の心理や衣食住の根幹に脳があるからだ。脳科学を研究する事で人の衣食住について解明し、その分野においてのソリューションを提案できる。

例えばその事例として、3つ紹介する。

 

①   脳に電気信号を送る事によって学習能力を向上できるという商品がある。

2013年に発売された軍人用の脳刺激装置をだが、これを使うと解けなかったクイズが解けるようになった。

この商品は、刺激の与え方によっては「マインドフルネス」をサポートするとか、将来のニーズに繋がるビジネスにつなげる事もできる。

②   脳に電極を繋いだ状態でCMを見てもらう。CMの中で発せられた単語毎に脳波の反応に差が生じる事が分った。これを観測し、MCで発せられた単語のうち脳波の反応が良かった単語は視聴者にとって関心の大きなものとして抽出する事が出来る。→これより視聴者に刺さるCM作りやマーケティング戦略を練ることが出来る。

③   英語教育で、LとRの発音の違いが認識できるようになるゲームがある。日本人の中にはLとRの発音の聞き分けが苦手な人が多い。そんな時はこの視覚を利用したゲームを使って、LとRを区別できない状態から、LとRを区別できるようになる。

 

つまり脳科学人工知能を組み合わせる事により、今まで存在しなかった新しい価値を持つ商品を作る事が出来る。

画像認識やRPA自動化は、「既存の効率が悪い物」の効率を高めるという特徴があるから、言い換えるならばマイナスだったものをゼロに近づけていく様な事例である。一方、上記で紹介した事例は0からプラスを生み出す事例である。コモディティー化を避ける為には「既存の効率が悪い物」に対して人工知能でアプローチをする事を避けなければならない。脳のシステムを解明して新たな人工知能のシステムを構築するか、脳科学によって解明した人間の心理や衣食住に対して人工知能でアプローチする必要がある。

平たく言うと、

人工知能の様な新技術×レガシーな文化→ソリューション提案」

よりも

人工知能の様な新技術×新たに解明された脳の性質に基づく→ソリューション提案」

の方が人工知能を商用利用する上で好ましいという事だ。

 

 

             イノベーションとデザイン思考~

イノベーションとは、人が共通的に生じる不快情動に繋がる環境の変化から解放し、快情動を感じること。

・デザイン思考とは「共感→問題定義→創造→プロトタイプ→テスト」の流れを意識するということ。

  この提案を何のため行うか?を明確にする。どんな不満点が存在していて、どのように変えたいのか?を決める。

 

        ~大量生産消費社会が終わり、デジタルオーダーメイドが始まる~

・デジタルオーダーメイドとは、ターゲットをマスからニッチに切替えた提案のこと。これまでは老若男女に需要がある様な、市場全体にとって最適な商品を企画している企業が多かったが、これからは特定の消費者のみに刺さる様な、個別最適な商品を企画する事が好ましい。

 

  【例】・CASIOの会計士向け電卓(4万円)
ボタンの端っこに触れただけでもしっかり数字が入力される。

       これは会計士が正確かつ迅速に数値計算をするために大変大きな価値になる。

オワコンだと思われた電卓が4万円でも売れる。

     ・ZOZOのZOZOSUIT

     ・ディズニーの名前入り絵本(自分の子供の名前が登場人物の名前になっている)

 

感想:

・AI技術者がいる企業は、自社での試験導入、他社への売り込みを行っていて、AI活用上の画題を発見している。

その上でAI活用上の課題を解決するためのソリューションも開発し始めている。

・義足を開発しているベンチャー企業は、社員8人の内、4人がアスリート(義足の被験者)だった。

 

 人工知能やロボティクス等の新技術を商材として活用する企業は、まず新技術をもって消費者に働きかけを行うと、消費者がどんなリアクションを起こすのかを知る必要があるのだ。そのために消費者が常に開発者の常にそばにいる環境を作っている。これは大胆だが非常に合理的な方法だと思った。

 

また、AI活用において重要なのは新たな価値創造である、という内容についてもその通りだと思った。RPAや画像認識は確かに便利で必要だが、近い将来すぐにコモディティー化してしまい、その商材でビジネスをするのは大変になるだろう。

 新たな価値創造の為に脳科学の研究が有効だという話を聞いたが、個人的な意見では最新の論文を積極的に読むだけでも新たな価値に繋がる商材のアイデアが生み出せそうだと思った。

 脳科学者を至急会社に誘致し研究を進めてもらう事は現実的ではないので、その代わりに、弊社で新規商材のブレストや検討会をする際は、一定数の論文から新規商材に繋がるアイデアを出す、というのをやってみると良いかも知れない。

AI、IoT、ビックデータの展望

2018/11/082018/11/08スタート 10:00フィニシュ17:10


趣旨:近年、AI、IoT、ビックデータなどを相互に融合させ利活用してビジネス改革を実現することへの関心が高まっている。また、人との協調、人の能力の拡張を支える技術への展開が注目されている。そこで今回は、現在起こりつつあるデジタル社会への変革を展望し、次世代技術や新ビジネスの具体事例及び、これらによるビジネスの創出についての議論を深める。

 


脳科学人工知能が作るスマートカンパニーとビジネス NTTデータ経営研究所 荻原一平


       ~脳について~
P&G、ユニリーバ等、グローバルカンパニーでは、脳科学の研究が多い。体感的には、グローバルカンパニーと日系企業にいる脳科学者の比率は10:1くらい。米国のビジネススクールでは、脳科学コースが多い。

 

・脳細胞(ニューロン)の数は、身体全体の細胞数の0.02%しかない。【大脳】140億個【小脳】1000億個【身体細胞数】60兆個
・脳の重さは最重の2%しかない。
・心臓から送り出される血液の内、脳に送られるのは20%もある。
・脳の消費エネルギーは20W しかない。(アイドリング状態)思考時は+1W。【αGO】250,000W【スパコン】13MW
・脳は情報を客観的には見れない。必ずバイアスをかけている。バイアスは、これまで学習してきた内容や経験である。
プロスペクト理論1万円を拾った時のラッキーより、1万円を落とした時のアンラッキーの方が大きい。  →モチベーションとパフォーマンスに影響。  →基本的に、人は褒めて伸ばした方が効率が良い。

 

       ~人工知能脳科学の融合~

IoTで環境情報、IoHで生理情報を得る。
2013年に発売された軍人用の脳刺激装置を使うと、解けなかったクイズが解けるようになった。   →刺激の与え方によっては「マインドフルネス」をサポートするとか、ビジネスにつながる。
脳に電極を繋いだ状態でCMを見てもらう。CMの中で発せられた単語毎に脳波の反応を観測し、脳波の反応が良かった箇所を抽出する。   →より視聴者に刺さるCM作りが出来る。
英語教育で、LとRの発音の違いが認識できるようになるゲームがある。脳の中でRとLを区別できない状態から、視覚ゲームをしながらRとLを聞かせる事で区別できるようになる。

 

       ~イノベーションとデザイン思考~

イノベーションとは  人が共通的に生じる不快情動に繋がる環境の変化から解放し、快情動を感じること。
・デザイン思考とは  共感→問題定義→創造→プロトタイプ→テスト  何のため行うのか?を明確にする。  どんな不満点が存在していて、どのように変えたいのか?を決める。
  【例】CASIOの会計士向け電卓(4万円)

     ボタンの端っこに触れただけでもしっかり数字が入力される。

     これは会計士が正確かつ迅速に数値計算をするために大変大きな価値になる。

     →こういう、〇〇にとっての価値は何処にあるのか?を明確に調べる事が必要である。

 

      ~大量生産消費社会が終わり、デジタルオーダーメイドが始まる~


・デジタルオーダーメイド

  【例】ZOZOのZOZOSUIT

     コカ・コーラの名前入りコーラ

     ディズニーの名前入り絵本


・良い道具は、身体化がしやすい。

   【例】箸:

      箸で豆をつまむと、豆の柔らかさが分かる。

      良い車:

      体の一部であるかのようにスムーズな操縦が出来る。

 

      ~AIとIoTを活用するためには~

・質の追求

・創造性の追求

・人材活用の追求
 業務効率化みたいな、マイナスを0にするようなAI活用は誰でもできるから結局コモディティ化する。

 必要なのは、0からプラスを生むようにAIを活用する事である。

 

 

 

 

②AI/ロボットとの共生社会の未来:認知発達ロボティクスの挑戦大阪大学大学院 工学研究科 浅田 稔
賢いロボットを作るためには赤ちゃんの発達に大きなヒントがある。ダヴィンチのアンドロイドを作った。ミラノのダヴィンチ博物館で展示した。

  科学・工学・芸術のパイオニアダヴィンチは今の時代の流れに合っている。
ロボカップの第一人者

  【ロボカップが産んだ・育てたベンチャー

  Amazonが買収した動く棚の会社

 

       ~深層学習について~

・多層のニューラルネットワーク

  ビックデータと処理能力(GPU)の発達によって、ようやく使えるものになってきた。

  画像の認識制度において、2015年2月に人間の精度を超えた。

   人間の認識制度が95%、AIの認識精度が99%だとしても、AIが認識ミスをした画像について人間は共感できない事ばかり。(バスをダチョウだと認識したり)

・現状の深層学習  運動経験が近くを意味づける。

  自分が生成した運動が視覚情報の解釈に影響を与える。(足を前に出すと、歩ける)

  未来技術に対いて悲観的(そんな急速に進歩しない)

   →量の変化を質の変化に出来るか?
  サリー・アン問題

  相手の立場に立って考える「心の論理」をロボットが持てるのか?(事もは1~2歳で持つことが出来る)
  身体性  Merleau-Ponty    身体の役割→客観的な物理世界と主観出来な経験を結ぶメディアである。

        心は体と物体の間にあるのだ(アフォーダンス理論)

 

  5か月・・・自分の手をじっと見る(手の純・逆モデルの学習)

  6か月・・・抱いた人の顔をいじる(顔の視触覚情報の学習)

  7か月・・・物を落として落ちた場所を覗く(因果情報の学習)

  12か月・・・ごっこ遊びをする(内的シュミレーションの起源)

  ロボットには上記のような急速な発達は出来ない。ので、赤ちゃんの行動を観察をしながらヒントを探っている。

  身体への気づき、意識はいつ生まれるのか。
  赤ちゃんは視覚が未発達な中で成長するから、客観的に論理を持つことが出来る。

 

③「Extreme Human Centered Engineering」Xiborg CEO, SONY CSL  遠藤 謙

 義足ロボットの研究の楽しさと、実際に身に着ける人とのギャップが大きかった。 義足になったからこそ、今まで登れなかった山を登れるようになった。(Hugh Herrさん)
 人間の身体には50個のアクチュエーター(筋肉)がある。これを複合的に動かしている。
 膝の部位を作る為に軽くてパワフルで安いトルクセンサーを採用した。 優秀な義足は大きすぎて、1000万円もする。これが課題。

・Xiborgの体制

 コーチ1人 アスリート4人 エンジニア2人 交渉1人 社員の半数がアスリート。 

アスリートの行動を分析して、走りやすい形状を分析している。(ここが会社の中心点)
・Extreme Human Centered Design 真野さん

 

 

 

富士通 「AIの実用例」

 川崎地質株式会社
 地中レーダーによって、地中の空洞を検知する。 膨大なレーダー画像を学習データとして利用した。 人ではなくAI(機会)が判断する事によって、客観性の担保が出来る。 
・説明可能なAI グラフデータの表示。(通信ログ・企業間の取引データ・分子構造・交通経路など) ナレッジグラフ。(情報のつながりや体形知識)
・社内実践 働き方改革 社員同士のコミュニケーショングラフを表示する。 例えば営業実績が優秀な社員が、どのようなコミュニケーションを取っているのかを表示する。

 

 


感想:AI技術者がいる企業は、自社での試験導入、他社への売り込みを行っていて、AI活用上の画題を発見している。 

その上でAI活用上の課題を解決するためのソリューションも開発し始めている。 

AI技術、ビッグデータ、巨大GPUが必要


Xiborgでは、社員8人の内、4人がアスリート(義足の被験者)だった。 

これの意味するところは、圧倒的にHuman Sentre Design を追求しているビジネスであるという事だ。 

常に使ってもらう対象に寄り添いながら開発が出来るように、アスリートを社員として招いている大胆なアプローチに確かな合理性を感じた。


今回登壇した方が共通して言っていたことは、AI活用において重要なのは、新たな価値創造という事だ。

コスト削減の為にAIを使うとかはナンセンス。

そんなAIエンジンは一瞬でコモディティー化する。だから、AIによって質を高める事、人の可能性を拡張する事、新たな価値を創造する事を目標としてAIは活用しなければならない。

VTuberの人気の理由はこの3つだ!!

「すとぷり」は、YouTube等で生放送したり、自分の歌を配信したりして人気になった6名で構成された、

ネットアイドルグループらしいです。

生放送者や歌い手は、素顔は出さない代わりに自分のイメージイラストを載せている事が多いので、

同じく素顔を出さずに可愛いデフォルメのキャラクターを演じられるVTuberと親和性が高いのだと思います。

さて、VTuberコンテンツの売れ行きが大変好調という事で、VTuber人気の理由についてちょっと調べてみました。

以下はあくまで私の考えですが、

ファンを熱狂させる3つの要素をVTuberは持っているのではないかと考えます。

まずはVTuberとは何者か、参考に以下のURLから動画を見て頂ければと思います。

 

ニュース番組でVTuberを紹介している動画(6分):

https://www.youtube.com/watch?v=rA0jSuA7GCQ


【NHKおはBiz】4/23Vtuber特集【バーチャルYoutuber、キズナアイ、ときのそら】

 

サンデージャポンVTuberが出演した時の動画(4分半):

https://www.youtube.com/watch?v=fuNd9NxJgiM


サンジャポ キズナアイ特集!

 

熱狂ポイント①:民主化

民主化というキーワードは最近ヒットしているSNSサービスやプラットフォームサービスには欠かせないものになっています。

ここで言う民主化とは、

「自分には〇〇が足りないからムリだ・・・」を解消し、

「憧れてた△△に誰でもなれる!できる!」を実現する事を指します。

実現の為の制約を取り払ったという意味です。

民主化でヒットしたサービスの例:

 

YouTube・・・テレビ局や企業にしか出来なかった番組制作が、

       今はスマホがあれば個人で出来る。

Showroomや17Live・・・魅力がある演者しか出来なかったライブでのマネタイズが、

        今はスマホがあれば誰でもライブを開催でき、マネタイズの機会を得る事が出来る。

TikTokやsnow・・・容姿端麗な者にしか出来なかったアイドルの様な振舞いが、

         今はスマホがあれば誰でもイケてる自分になれて、それを発信する事が出来る。

 

VTuberにおいても、

YouTube配信がしたいんだけど自分の容姿や声を晒すのは怖い」

「アイドルの様にもてはやされたいんだど、外見や年齢に自身が無い・・・」

みたいな制約を解消し、可愛らしいデフォルメのビジュアルでYouTube動画配信が出来るようになったのが訴求点だと思います。

これによりVTuber人口が急増し、より魅力的なVTuberが誕生したものと考えます。

 

 

熱狂ポイント②:視聴者参加型コミュニティー

これはYouTuberやShorwoom配信者にも言える事ですが、演者と視聴者の距離が近くなりました。

演者とファンとの距離感は、AKB48の握手会を皮切り近づき始めましたが、VTuberとファンはもっと近い位置にいます。

VTuberは生放送でファンのコメントを読み上げてリアクションしたり、ファンはVTuber投げ銭で支援したり出来るので、

既存のアイドルとは比にならないレベルの一体感が生まれます。

また、自分が演者をサポートしているという実感がファンを満足させます。

これも人気沸騰には欠かせない要素の一つだと思います。

 

 

熱狂ポイント③:アイドル要素

人気YouTuberには2パターンあると思います。

1つは、演者自身に魅力があり、演者の姿を見たいと思う視聴者が多いパターン。

1つは、演者の創るコンテンツに魅力があり、コンテンツを見たいと思う視聴者が多いパターン。

VTuberは可愛くデフォルメされたビジュアルと音声により、前者のパターンとして成功する可能性が高くなります。

更に演者自身の話術やコンテンツが秀でていれば、ファンは一層増えやすくなると思います。

 

 

私自身、演者の素顔が分らなくてもここまで熱狂出来るのか?・・・と思いましたが、

よく考えればテレビに出演しているアイドルも可愛い自分を演じているのだから、

ファンにとって演者の素顔は始めからどうでも良く、

素顔が見えない点でアイドルとVTuberは同じであると思いました。

以上、考察まで。

人生初!!YouTuberになってから提供動画を作りました!

https://www.youtube.com/watch?v=RKnRz51s9Rg

 

お久しぶりです。goです。

 

チャンネル登録者1万人を超えてからも、YouTubeでの動画投稿はシコシコ継続しております。

 

ほんで今回は人生で初めて「提供動画」というものを作ることが出来ました。

企業から依頼された製品にすいての紹介動画をYouTube上で公開し、そのマージンとしてお金や商品を頂ける取引です。

 

これは僕がYouTuberを始める前にちょっと憧れていたことなので、嗚呼、あの時の憧れが実現したな。

って思うと感無量というか、幸せな気分になりました。

 

今後もYouTubeを続けていくなら提供動画案件はあるとは思いますが、初めては人生で1度しかないので、この動画の事はずっと忘れないだろうなと思いました。


ワイヤレス充電にも対応! Galaxy S9 の全面防御ケース!

目標「転職」

DaiGo氏の昨日の放送、良かったですね。

f:id:gonakazawa0824:20180516214745p:plain

毎日を大好きな事で埋め尽くしたいでしょ?

死ぬまで自分がどこまでできるか試したいでしょ?

とても共感しました。

 

あと、無駄な事はやるな!ってのも共感しました。

 

僕の場合は、好きな事が沢山あるので1つに絞ってコミットするのか出来ません。

 

英語も絵描きもYouTubeも筋トレも動物も好きだし、 そのどれか1つでも出来ないとなると、 僕にとっては辛いです。

 

だから僕はホリエモンや落合さんが提唱する多動力にとても共感しますが、

YouTubeでライフコーチをやってるクリスの部屋のクリスさんが提唱する一つの事だけに専念する事は苦痛です。

 

もちろんコミットできるのならその分結果が出るのも早いことは理解しますが。

f:id:gonakazawa0824:20180516214603j:plain

そんなわけで画像の通り、曜日毎にやる事を変えていて、これがなかなか調子良くやれてます。

 

しかし調子が良いと欲もどんどん大きくなる様で、もっとやりたい?まだやり足りない!ってなって来ます。

 

なので今、ぼくは新しい目標が明確に出来ました。

 

それは転職です。

 

働いてる時間も好きな事ができるように転職します。

 

絵を描き続けたいから、ゲーム会社のイラスト職の応募条件に見合ったスキルを磨いてます。

 

ざっくりいうと、デジタルツールを用いたイラスト作成スキルです。

 

f:id:gonakazawa0824:20180516214854p:plain

 

今の仕事より年俸も休日も減るでしょうが、 それは気にしない事にします。

 

まず飛び込んでみようと思います。

 

という事で、新たなパブリッシュコミットメントでした。

猫は人間を操っている!?

猫は人間を操っている!?

友人が子猫を飼い始めました。

 


【ちょっとご報告】友人が子猫と暮らし始めました。

 


トキソプラズマというバクテリアを猫は腸内で飼っています。
猫の糞に含まれるトキソプラズマを摂取したネズミ(猫にとってのエサ)の脳内では、ドーパミンが溢れます。


トキソプラズマに感染してドーパミン系がおかしくなったネズミはテンションが上がり(人間でいう所のパリピ状態になり)危機感が薄れ、隠れ家から飛び出してきます。
そこを猫が捕食します。

 

この菌は人間にとって害は無いと言われていますが、妊婦さんには危険と言われています。


また、人間の脳にも影響を与えているのでは?と考えられており、
猫のトキソプラズマを作用した人間はテンションが上がり、
「にゃぁ~猫ちゃんカワウィィイでちゅねぇ~^^」
となるわけです。

 

 

猫は他の家畜(牛や馬)と違い、人間に実用的な利益をもたらしません。
ただただかわいいだけです。
それにも拘らず人と共存できているというのは、生存戦略的に稀有なケースだと言えます。

 

つまり、猫が人間に敢えて飼われる選択を自らしたのではないでしょうか?

 

 

ネコ科で最強の動物は?と聞かれるとライオンと答えるのが普通だと思いますが、生存戦略的に言うと、猫が最強です。


ライオンは世界中でもインドの森、アフリカの自然保護区、くらいにしか分布しておらず、人間の保護無しでは生きていけないと言われています。


それに対し家猫は人間と共に著しい発展を遂げており、
個体数は全世界で6億匹を超えています。

 

 

アメリカのネコの頭数は、10年前の統計で既に1億匹を超えていたため、現在では日本人人口を越えているのではないでしょうか?

仕事が辛かったらいつでも辞めていい。みんながそう思える社会になれたなら。

The training that new recruits gather for the first time in one year is over.

It was fun to talk with friends after a long absence, but I was seriously surprised.

There were people who were mental illness because their work and living environment did not match.

And she desperately wanted to think that "Because other people are a harsher work environment than me, it is not good if I let out a complaints".

I thought that was a very dangerous situation. I wanted to help anyway.

Despite being able to quit the company at any time,
It seemed she can't quit as a result of the idea of "I was helped to my boss out", "Anxiety after quitting", "It is too weak to quit on such a thing", and so on.

A company is an organization that consists of a group that walks on the same commute every day, works at the same desk, works with the same members, that have continued everyday for decades.

It restricts person's thinking way like a chain that stucks people to the company.

If she can thinks like "It's OK to bother people sometimes", "I can manage myself after quitting the company" and "There is an orientation unsuitable for people" , the life is gonna go easier.

I hope to make it a society that everyone can think of being able to live in freedom.

Because they are really nice people, I want to be their strength. Since I am going to consult, please do not hesitate to contact me anytime.

 

全新入社員が1年ぶりに集結して行われる社内研修が終わりました。

1年ぶりに同期と顔を合わせて、本気で驚きました。 ①仕事や生活環境が合わなくて、精神疾患になっている人がいました。 そしてその人は必死に、「周りは私より過酷なんだから、私が音を上げちゃダメだ」 って、思い込もうとしている様でした。

 

とても危険な状態だと思いました。手助けしたいなって思いました。 会社はいつでも辞めれるのに、 「上司にお世話になったから」「辞めた後が不安」「こんな事で辞めるなんて弱すぎる」 色んな考えで雁字搦めになって、逃げられない様でした。

会社とは、毎日同じ道を通勤し、同じデスクで働き、同じメンバーと働く、 そんな毎日を数十年も続けてきた集団から構成される組織です。

会社とは怖い程に人を画一的にします。

もしその人が、 「迷惑居かけても良いんだ」「辞めたってどうにかなる」「弱さも強さも人それぞれ」 って思えたら、もっと楽になるのかなぁ。

そうやって自由きままに生きていいんですって、皆が思える社会にしたいなぁ。

 


【La Collina】BEST Baumkuchen in Japan!【CLUB HARIE】