CrazyGoGo

毎日が一生忘れられないような生活を送る!YouTuberもやってます! https://www.youtube.com/channel/UClo1CSAAnKkgfk7ToX2uPaw

「起業したい」思ってる人はまずこれをしよう!

「なんとなく起業したい」っていう人が増えてきていますが、ビジネスをスタートするためにクリアしなくちゃいけない課題ってあまりにも多くて、

始める前から辟易しますよね。だから言うだけでスタートキレない事がほとんどなんだと思います。

 

今回はそんな人のために、

ビジネスを始めるためにどんなアクションを取るべきなのか?

についてお話させていただきますので、
参考になれば幸いです。

 

まずビジネスを始める前提として、どうしてもそう言ったビジネスがやりたいねん!!っていうパッションを持った方がいると、その人がリーダーになってプロジェクトはどんどん進んでいくのだと思うから、
本気でこういう事がしたいんだって構想を持っている方は、パソコンで簡単な資料を作成してネット上で紹介してみてはいかがでしょうか?


その資料を読んで賛同する人が複数人集まれば、賛同した人たちでプロジェクトを進めていくことでスタートを切ることが出来ると思うんです。

 

では抽象的な話はこれくらいにしまして、以下からは僕の陥っている話そします。
現在会社の同期(僕より10歳以上年上ですが)と社内ビジネスを立ち上げる話をしています。
何故かと言うと、その同期がどうしてもアフリカでBOPビジネスを始めたいから、なんだそうです。

けれどもその同期1人だけでは、動きだし方が分からない。なので僕に相談を持ち掛けてこられました。
僕自身も正直どうしたら良いか分からないけれど、現在は週に1回、約1時間ほど2人でワークショップを行っています。具体的には

 

Day1:BOPビジネスとは何か? 課題図書を読んてくる

Day2:自分が思いつくBOPの事例を考えてくる。
   「ボップの層」
   「その層が利用している物」
   「ボップ意外の層と比べて、どの様に損している?or何に困っている?」

Day3:互いの考えたBOPの事例についてレビューを行う。
   レビューを受けてBOPの事例にテコ入れをする。

Day4:自分の考えたBOPの事例の中の「BOPの層」に関するマインドマップを描きだす。

Day5:互いに書き出したマインドマップをレビューし合い、そのBOPの事例はどんなアプローチを取れば解決できるのか、orどんなソリューション提案が存在しそうか、をブレストする。

Day6:実際に自分なりにソリューション提案を考えて資料にまとめてくる。
   その為に必要になるリソースも提示し、どうすればそのリソースを用意できそうか、まで考えてくる。

Day7:互いに考えたソリューション提案をレビューし合う。


です。
で、現在進んでいるのはDay3までです。今週からDay4を行いますが、参考までに同期と僕が考えてきたBOP事例を紹介します。

 


同期の考えたBOP事例:
BOPのどの層 ⇒ 
電気が安定的に使えない人
途上国の田舎(例:電気が1日2時間以上止まる)に暮らす人たち

利用しているもの(したいもの)
⇒安定的な電気
⇒ソーラー発電 ⇒必要最低限の電力量を供給できるセル数。

BOP以外の層と比べて、どう損してる?
⇒バッテリーを保持していない電気製品が安定的に使えない。冷蔵庫や洗濯機



以下は僕が考えたBOP事例:

BOPのどの層 ⇒ 
発展地域が増加しているアフリカの国の内、農村部に暮らして農業で生計を立てている貧困層

利用しているもの ⇒ 
分からんけど、コンダクターとかブルドーザーとかかな?
とにかく効率上げるために、アフリカの土壌を分析して最適なプランテーションを検討したりとか、機械による効率化の検討とか、他国に比べてまだできていない部分は多いと思う。

BOP以外の層と比べて、どう損してる?⇒
人口爆発しているにも拘らず、農業生産性を上げる為に構想を練る人材が育たない為、
主食を自給できないアフリカ経済の成長速度が全体的に落ちている。

※対する中国やアメリカは、多分農業システムについても研究が進んでて最適化をして来た結果、自給自足は出来ている。
結果、その国の経済基盤は安定して、その先の第二次、第三次産業に注力できた。

 

 

ってな感じで、今は二人のアイデアを挙げてみたところです。

因みに僕のアイデアはBOPビジネスの定義とはズレていると思いますが、これを提案したのは以下の理由からです。


アフリカの貧困層ってものすごい多いじゃないですか。
そしてその貧困層を救うために、例えばユニクロ等のメガブランドは不要になった洋服をアフリカの貧困層に届ける活動をしていますが、
それって良い面も勿論あるんだろうけど、これはアフリカ人が自給自足で経済を回すようなエコシステムではないのだから、永遠に続けるわけにはいかないですよね。

いずれはそういった上から降ってくる恩恵を必要としなくてもアフリカ人達が自立して経済を回していけるようになる必要があります。
だからその助けになるためのアイデアを考えたいなと思ったわけです。

 

その為にはまず、アフリカ人自身がビジネスを行えるようにならなければならない。
まぁグローバル化した現代なら、識字率を増やして一人一人が知識を吸収できるようになれば次第に経済は発展していくだろうと思いましたが、実はその前にまず解決しなくてはならない問題がある事を知りました。

それが、アフリカ全土での食糧不足です。
俺はアフリカについて良く知らないんですが、人口爆発が著しい割に、農作物の生産が追い付いていないようですね。その為食料の価格が高騰しているのだとか。

どうやらアフリカ人口12億人中60%が農業を営んでいるらしいです。
つまり7億人強が農業しているのだから、もし農業改革を行って少しでも生産性をあげることが出来たら、
7億人×数パーセントの生産性上昇=膨大な効果を生む事になると思います。

そしたらばアフリカの経済成長も加速していく為にはまずは農業の生産性を上げる事だと思いました。


すみません、長々と語ってしまいました。
ただ伝えたいことは、まずはウチの同期の様に

 

「どうしてもやりたいねん」って思うリーダーがいる事、


次に、どう進めたらよいか分からないなりに

 

具体的なアクションを用意して”確実に”実践していく事

 

は必要なのだろうなと思いました。

ネットは無数の人が見ているので、自分がしたいと思う事に賛同する人はきっといます。
そんな人を見つけて一緒に動いていくには、やはりまずは自分から働きかけることが大切だと思いました。