CrazyGoGo

毎日が一生忘れられないような生活を送る!YouTuberもやってます! https://www.youtube.com/channel/UClo1CSAAnKkgfk7ToX2uPaw

猫は人間を操っている!?

猫は人間を操っている!?

友人が子猫を飼い始めました。

 


【ちょっとご報告】友人が子猫と暮らし始めました。

 


トキソプラズマというバクテリアを猫は腸内で飼っています。
猫の糞に含まれるトキソプラズマを摂取したネズミ(猫にとってのエサ)の脳内では、ドーパミンが溢れます。


トキソプラズマに感染してドーパミン系がおかしくなったネズミはテンションが上がり(人間でいう所のパリピ状態になり)危機感が薄れ、隠れ家から飛び出してきます。
そこを猫が捕食します。

 

この菌は人間にとって害は無いと言われていますが、妊婦さんには危険と言われています。


また、人間の脳にも影響を与えているのでは?と考えられており、
猫のトキソプラズマを作用した人間はテンションが上がり、
「にゃぁ~猫ちゃんカワウィィイでちゅねぇ~^^」
となるわけです。

 

 

猫は他の家畜(牛や馬)と違い、人間に実用的な利益をもたらしません。
ただただかわいいだけです。
それにも拘らず人と共存できているというのは、生存戦略的に稀有なケースだと言えます。

 

つまり、猫が人間に敢えて飼われる選択を自らしたのではないでしょうか?

 

 

ネコ科で最強の動物は?と聞かれるとライオンと答えるのが普通だと思いますが、生存戦略的に言うと、猫が最強です。


ライオンは世界中でもインドの森、アフリカの自然保護区、くらいにしか分布しておらず、人間の保護無しでは生きていけないと言われています。


それに対し家猫は人間と共に著しい発展を遂げており、
個体数は全世界で6億匹を超えています。

 

 

アメリカのネコの頭数は、10年前の統計で既に1億匹を超えていたため、現在では日本人人口を越えているのではないでしょうか?